マナーキッズプロジェクト報告

activity_20170218_01 2月18日土曜日 大阪市立真田山小学校においてマナーキッズプロジェクトのテニス教室を開催しました。昨年は真田山幼稚園での開催でしたので2年ぶりの小学校開催になりました。インフルエンザの影響で参加児童数は28名と一昨年に比べて少なかったですが、集まった子供たちは最後まで元気よく取り組んでくれました。

今回も公益社団法人マナーキッズプロジェクトの田中理事長様のご指導で実施いたしました。中川クラブ記念基金委員長のご挨拶の後、まずは正しい挨拶の仕方の指導を行いました。その後3面のコートに分かれ、ロータリアンが先生役となって練習前の挨拶→練習→練習後の挨拶を繰り返し指導しました。低学年の児童は簡単なボールを打ち返すのも覚束なくボールがあちこちに飛び散っていきます。指導役になっていないロータリアンはそれを拾い集める役に回っていただき、良い汗をかいていただきました。

activity_20170218_02 練習会終了後は田中理事長様のご講評の後、「修了証」と「マナーキッズ調べ」「リマインドボール」を授与し、校長先生のご挨拶で全てのプログラムを終了しました。
マナーキッズプロジェクトは全国47都道府県で開催され、今年の2月8日に参加人数が18万人を超えました。種目もテニスだけではなくサッカー・ラグビー・野球・体幹遊び等に広がっています。累計100万人を目指して目下指導者の育成に力を入れておられます。マナーキッズはスポーツを通じて子供に礼義や挨拶を躾していく非常に有意義な事業です。次年度も是非継続していただきたいと思いました。
ご参加いただいた12名のロータリアンと3名のRACの皆さんありがとうございました。

activity_20170218_03