マナーキッズプロジェクト報告

activity_20150914_01 スポーツを通じ、日本の伝統的な礼法を体験し、<体・徳・知>バランスのよい子供を育てる一助とすべく、マナーキッズプロジェクト「親子てのひらテニス教室」を開催しました。

講師には公益社団法人マナーキッズプロジェクト理事長田中日出男様と小笠原流礼法師範畑山芳光様をお招きしました。昨年度は大阪市立真田山小学校にてテニス教室を開催しましたが、本年度はもう少し下の年代の方が効果が大きいというアドバイスもあり、大阪市立真田山幼稚園にて開催し、園児51名(5歳児)、保護者の方々27名、ロータリアン14名にご参加いただきました。

 

activity_20150914_02 まず始めに、小笠原流礼法師範畑山様より親御さんに向けてマナーの基本から挨拶の仕方までのお話があり、次に田中理事長より園児に向けて挨拶の仕方を基本からきっちりとした指導があり、準備運動を兼ねた体幹トレーニングを行い準備完了。その後、「親子てのひらテニス教室」に移りました。普通のラケットを使うのではなく、スポンジのラケットをてのひらにはめて使うことでてのひらの感覚でボールを打つことができるので、比較的簡単にボールを打つことができます。

 

activity_20150914_03 まず、園児から「よろしくお願いします」。それを受けて親御さんが「よろしくお願いします」と挨拶を返します。最初はなかなかボールがまっすぐ返せなかった園児も回数を重ねるうちにしっかりボールを捕らえられるようになります。
最後は園児から「ありがとうございました」。そして親御さんから「ありがとうございました」と挨拶を返して終了です。最後に修了証を手渡され、園児はお世話になった親御さん・ロータリアンにお礼を言い、握手をして帰って行きました。

 

前回の真田山小学校に続き、真田山幼稚園で行うことで前回の噂を聞いて楽しみにされていた親御さんもおり、地域でこういった活動を拡げることができれば、地域の活性化につながるのではないかと感じました。
最後になりましたが、お手伝いいただきましたロータリアンの皆様、事務局、真田山幼稚園の関係者の皆様、田中理事長、畑山様にお礼を申し上げます。(背筋を伸ばして)ありがとうございました。

activity_20150914_04