第21回日本語スピーチコンテスト

10月6日(木)16:30より大阪国際交流センター小ホールにおいて恒例の日本語スピーチコンテストを行いました。
当日は西村会長ご母堂様のお通夜と重なった為、樋口副会長に歓迎のご挨拶をいただいたほか、西山天王寺区長様、高津中学校森本校長先生はじめ近隣の小学校幼稚園のご代表にご来賓並びに審査員としてご出席いただきました。

コンテストは予選を勝ち抜いた初級3名、中級3名、上級4名の留学生が出場し、それぞれのクラスで1名の優秀賞を決するという形で行いました。
例年にも増して素晴らしい内容のスピーチで各クラスとも大接戦になりましたが、結果として、

activity_20161006_01初級;ロ リョウショウさん(中国)
「意思があるところに道は開ける」
中級;ロドリゲス ヌネス ソフィア
アゴスティナさん(アルゼンチン)
「頑張る文化」
上級;チン ラオゾンさん(台湾)
「選択と目標」

が選ばれ、樋口副会長から表彰を受けられました。

その後、高津中学校生徒会代表による感想・高津中学校森本校長先生による講評、竹内会長エレクトによる終わりのことばの後、記念撮影をしてコンテストは終了しました。

続いて会場を国際交流センターホテルのレストラン「ラッフィナート」に移し、出場者を交えた懇親会を行いました。留学生の宗教上アルコール抜きになりましたが、各テーブルとも活発に会話を楽しまれ、有意義な時間を過ごせました。
ご参加いただいた皆様・ご協力いただいた皆様本当にありがとうございました。

activity_20161006_02