職場体験学習

activity_20160204_01 地区推薦の「職場体験学習」を先々週の2月4,5日の二日間で開催をしました。
場所は当クラブ西村会長エレクトの企業の東大阪市加納にある株式会社サクラクレパス大阪工場で、対象者は大阪市立高津中学校二年生の六名(男子生徒三名、女子生徒三名)です。午前9時から午後3時まで二日間の職場実地体験です。
 公共交通機関を使って現地集合。制服を作業着に着替え、2階にある応接室で井上繁康専務取締役生産本部長、畑中一孝取締役副本部長、太田安治課長と初顔合わせをしました。1921年「日本クレイヨン商会」として設立されたサクラクレパスの歴史から始まり、1974年に新築落成されたここ大阪工場は東京ドームと同等の規模を誇り、当工場で生産される製品群の説明等オリエンテーションの後、製造担当である佐藤彰則課長の指導の下、二人がペアーで三班に分かれクレパス、絵具、墨汁の作業を始めました。4,5日と二日にわたり男女ペアーの三チームで作業の実地訓練に携わりました。

activity_20160204_02 2月4日は例会出席のため工場に来られた西村会長エレクトと早めに工場を後にしましたが、5日は全日彼らと共に全行程をお付き合いいたしました。午前9時の朝礼の後、当工場敷地内にある大昭和印刷紙業株式会社で最新の等身大も印刷や折り込み製本も出来る印刷機やコピー機の視察、その他クレパスほかの製箱等他、ディスプレイやオンデマンド印刷まで披露して頂きました。

 その後昨日のように男女ペアー、三チームに分かれ作業に入りました。休憩後、クリーンルームで製品を240個、上下のラベル貼り作業を昼食をはさんで男女ペアー三チームで作業を行いました。最後は出来上がった製品の検査指導を教わり、各自で相互検査を実際に行いました。実地作業体験は以上で終了しました。
そして西村会長ご参加の下に会議室でまとめとして各自仕上げた製品の原価計算を教わりました。「いくらで作れたかな?」製品一個あたりのコスト(原価は)・・・材料費と人件費の合計であるのを各自が実際に計算をし、1位から3位まで安く作れたペアーとそうでないペアーが出ました。

 最後に一人ひとり感想を述べて貰い、西村会長にご講評を頂き、会長の気持ちでサクラクレパス製品をお土産として頂き、学校まで帰路につきました。

activity_20160204_03 参加されました生徒さんは、今回の体験学習で、大変参考になる点が多かったと思います。今後はこの経験を活かして学習に励んで頂ければと思います。サクラクレパス大阪工場の関係者の皆様も参加されました生徒さんの熱心な体験学習姿勢に感心をされておられましたことを合わせてご報告申し上げます。

 このたびは気持ちよく「職場体験学習」プロジェクトをお引き受け頂き、二日間にわたり懇切丁寧に安心安全に気を配り、ご指導ご教授を頂きましたサクラクレパス大阪工場の各職場の関係者の皆様方には深く御礼申し上げます。今後ともご支援、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。誠に有り難う御座いました。