職業奉仕部門クラブフォーラム報告

activity_20161124_01 委員長の藤野 洋一さんに「職業奉仕の理念について」卓話をして頂き、その後、例会場にてクラブフォーラム及び職場訪問、炉辺会合を開催致しました。

クラブフォーラムでは、「職業奉仕の理念について」をテーマに総勢59名の会員のご参加を頂き、7グループに分かれてバズセンションを行いました。各グループ色々な意見が出ましたが、「職業奉仕」はロータリアンにとって永遠のテーマ、テーマが大きすぎ、難しいテーマだとおっしゃる方が多かったです。考えて見ますとロータリアンの方々には、色々な職業の方がいらっしゃいます。製造業、不動産業、電気、ガス事業、医師、大学教授、弁護士、等々によりそれぞれの社会貢献のあり方、奉仕活動が全く異なるのではないかということです。でも本質は、顧客の信用、ニーズ、満足度にそって日々の仕事に従事され、ロータリーの四つのテストを念頭のおいて企業経営を通じて社会に貢献されております。

activity_20161124_02 一般的には日本の方は高い倫理観を持っておられ、日常の生活からも職業奉仕の考え方を遂行されているように思われます。
これからも会員の皆様方には職業奉仕活動、バズセッション、職業訪問、出前授業等々を通じて自己研鑽をはかり、頑張って頂きたいとおもいます。活発なご意見有り難うございました。またお忙しいところクラブフォーラム御参加いただきまして重ねがさね御礼申し上げます。

フォーラムが終わり15時に池内副委員長の計らいで帝国ホテルを出発し千種会員の会社であります日新興業(株)に職場訪問に参りました。51名のご参加でございました。工場に着きますと会社の幹部の方のお迎えを受け、部屋にはいりました。

activity_20161124_03 日新興業(株)は生鮮から宇宙までをモットに(あらゆるモノを冷やすニッシンの先進技術)と非常にユニークな会社であります。マグロは水揚げをすぐに-70度Cに冷凍されて凍結されたまま、卸市場、小売店へ運ばれるそうです。

工場にて-70度Cの冷凍室に入り実体験いたしました。約1時間工場見学を行い、会社内の食堂で素晴らしい赤、白ワインを頂きながら、マグロ、イワシの刺身に舌鼓。千種会員には大変お世話になり有難うございました。

親睦活動委員長 青井 和夫
activity_20161124_04 去る11/24(木)職業奉仕部門クラブフォーラム・職場訪問に引き続き、18時よりガーデンシティクラブ大阪にて炉辺会合を開催しました。
ロータリアン・事務局含め、40名の方々にご参加いただき、5~6人ずつ7つのテーブルに分かれての懇親会となりました。西村会長の挨拶に続き、竹内副会長の乾杯のご発声で会は始まりました。

2回のピアノの生演奏の間に、前回の炉辺会合以降に入会された新会員、佐伯会員と戸梶会員の紹介を行いました。佐伯会員が「ロータリーの歌がなかなか覚えられない」というコメントで会場の皆さんより「ソング隊に入っては?」との返答に、後で自己紹介された戸梶会員もソング隊入会となり、2回目のピアノ演奏の時に急遽歌うこととなったソング隊による「Hey Jude」の合唱にお二人も加わり、会場全体大盛り上がり。また、各テーブルともいろいろな話題で盛り上がり、門田委員長の締めの言葉でお開きとなりました。

activity_20161124_06activity_20161124_05