支援事業

若手能楽師養成事業への協賛

 当会が支援する大阪能楽養成会後援会(会長・出田善蔵氏)の研修生・西野翠舟さん(17)が、去る2014年6月26日に大阪能楽会館で開催された「大阪能楽養成会 研究発表会」において船弁慶のシテ(主人公)を見事に演じました。 研修生となって僅か1年とは思えない堂々とした演技に会場から惜しみない拍手が送られていました。

禁無断転載

船弁慶 -あらすじ-

 平家追討に功績をあげた義経でしたが、兄である頼朝に疑いをもたれてしまい、追われる身となってしまいます。

 義経は弁慶や従者とともに西国へと逃れようと摂津の国の大物の浦へ到着します。義経の妻である静御前も義経一行を追って逃れてきていましたが、女の身でこれ以上困難な道のりを歩いていくのは難しく、弁慶の進言もあって都に戻ることとなります。

 別れの宴の席で静御前は舞を舞って義経一行の無事を祈り、再会を強く願いながら涙にくれて義経一行を見送ります。

支援の詳細

 室町時代より代々受け継がれてきた「能楽」は、ユネスコ世界無形遺産にも登録され、その伝承がより一層重大な責務となっています。歴史と伝統を持つ「能楽」の技術の伝承には長い年月を必要とし、尚かつ生涯を通じての研鑚・研磨を求められます。何事も短時間で結果を求められる現代社会では、後継者を養成することはますます難しくなってきています。
大阪能楽養成会ではこの後進育成の問題に全力を挙げて取り組んでいます。

 大阪能楽養成会とは、国からの補助事業として、企業や一般市民からの支援により運営されています。
そして、重要無形文化財保持者の講師陣による献身的な指導のもと、充実したカリキュラムで後進の育成に努め、数多くの修了生を送り出し、その修了生は能楽界主要メンバーとして全国で活躍しています。

 また、平成24年度より門戸を広げる為に、一般公募生の募集を開始しました。
残念ながら初年度は応募がありませんでしたが、25年度には1名の公募者があり現在研修生として修行中です。

 当クラブでは、以上の大阪能楽養成会の事業を理解した上で、その一般公募生に対しクラブ記念基金より援助を行っています。

研修生の西野翠舟さん(左から二人目)

青少年アスリートへの支援

美田靖文君(左から二人目)

 当会では、各種目スポーツ分野において世界で活躍しトップになる夢を持ち活躍する、有望且つ影響力のあるアスリートを支援するために「青少年アスリート育成支援プログラム」を2014年にスタートさせました。
 その第1号アスリートに選ばれたのがトランポリン競技の美田靖文君(10歳)です。

美田靖文君は5歳からトランポリンをはじめ、これまでに

  • 平成24年度 西日本大会 低学年の部 優勝
  • 平成24年度 全日本ジュニア低学年の部 シンクロ 優勝
  • 平成25年度 西日本大会 低学年の部 優勝
  • 平成25年度 全日本ジュニア低学年の部 シンクロ 優勝
  • 平成25年度 全日本ジュニア低学年の部 個人競技 優勝
  • 都道府県対抗 10歳以下の部 優勝

など、輝かしい実績を残しています。

美田君は地元大阪市東住吉区に拠点を置くトミオカ体操スクールに所属し週5回の厳しい練習を続けています。性格は真面目で負けず嫌い、同じ失敗は二度と繰り返さない努力家。コーチ陣も彼の優れた才能を高く評価しています。

支援の趣旨

 健康で健全な肉体と精神を兼ね備えた青少年アスリートが夢に向って努力を惜しまず研鑽を重ねている姿、そして夢が叶った輝ける姿は後進の道を歩む者にとって必ず良い影響を与える。彼等の活躍が刺激となって多くの子供達が人生の成長目標を持って心身を鍛え、国を支える素晴らしい青年達に育つ。

 この好循環を生み出し若者達の力によって日本が活力ある国として 未来に向けた持続的発展を遂げることを期待し、このプログラムを 実施する。対象者は、各種目スポーツ分野において世界で活躍しトップになる夢 を持ち活動する、有望且つ影響力のあるアスリート。